眠れぬ夜に月を見上げる

深い紺色の中に浮かぶ銀色の月

風がそっと吹き雲が流れ

みるみる月を隠した

月を走るうさぎが光を失い

困惑気味に立ちつくす

やがてまた風が吹き雲が流れ

月が姿を現した

うさぎは喜び勇んで走りだし

月の隅のどこかへと消えた

銀色の月を取り囲むようにたくさんの星がまたたき

そのうちのいくつかが流れ星となり光の矢を放つ

窓を閉めカーテンを閉め眠りについた

あれは夢か現か幻か

朝になれば月も星もどこかへ消える

あのうさぎはどこを目指して走っていたのだろう

END

スポンサーリンク

小説 TOPに戻る