水たまり

(初出:不明 執筆日:2005年05月02日)

 カオルは学校帰りの道で、ひとつの水たまりを見つけた。
 そこには見知らぬ世界が映し出されていたので、カオルはつい足を止めてまじまじと観察をした。
 水たまりの中に広がる世界は、日本とはほど遠いどこかの国のどこかの民族で、カオルは一瞬「テレビを見ているみたいだ」と思った。
 見知らぬ国の人々が、それぞれの生活をしている光景だった。
 カオルは顔をあげ、周囲を見渡した。
 ごく普通の日常、ごく普通の日本の光景が広がっていた。
 再び水たまりの中を覗き込むと、やはり見知らぬ国の見知らぬ生活が繰り広げられていた。
 カオルは急に怖くなり、足早に水たまりを後にした。

 翌日、同じ道を帰ったカオルは乾いた道路を見つけた。
 昨日の水たまりはもうキレイになくなっていた。
 安堵しながらその道を通りすぎ、家へと着いた。
 玄関の鍵をはずし、ドアノブを握る。
 開かれたドアの向こう側には、見知らぬ世界だけが広がっていた。

 どこかで見たことのある光景だと、カオルは思った。
 そこは家の中のはずなのに、家の中ではなくなっていた。

 そう、これは。
 あの水たまりの中の……。

END

スポンサーリンク

小説 TOPに戻る