水面

 きらきらと光る水面を眺めていると、次第に波打ちはじめ、水柱になった。

 透き通るような青い空をつらぬくように、水柱は高く高く吸い上げられ、太陽の光の奥へと消えた。

 水面だった場所にはもうなにもない。ただの白茶けた土が、くり抜かれたようにそこに残されている。

 やがて雨が降った。ざあざあと激しい音を立てながら大量の水滴を空から落とし、ふと気づく土の表面は見えなくなり、代わりにきらきらとした水面が戻ってきていた。

 曇っていたはずの空はあっという間に眩しいほどの快晴になり、見上げると大きな虹が空を覆っていた。

 じきに虹はさらさらと砂のように溶けていき、小さな粉になって風に流されていった。

 水面では反射した光がきらきらと輝いている。

END

スポンサーリンク

小説 TOPに戻る