氷が床に落ちて砕けた。

まるでガラスの破片のようだ。

さわると冷たい。

小さなかけらを手のひらに乗せると、みるみる溶けてなくなった。

溶けた氷は水になり、形のない液体へと変貌する。

つかむことも、握ることもできない水に。

やがて蒸発して消える。

まだ床に落ちていない他の氷を、冷凍庫の中へとしまった。

ここから出さない限り、彼らは永久に氷のままだ。

形のない水のまま生きるのと、むりやり冷やし固められた氷として生きるのと、彼らはどちらのほうが幸せなのだろう。

そんなことを考えながら、グラスの中に氷がいくつか入っているジュースに、ストローをさした。

ストローをかき回すと、カランコロンと音がする。心地いい音色だった。

少しずつ、ジュースの中で溶けていく運命の氷たち。

彼らはその運命を嘆くのだろうか。それともジュースと共にあれることを喜ぶのだろうか。

溶けた氷をジュースと共に吸い込み、胃の中へとおさめていく。

やがてジュースはなくなり、氷も消えた。

END

スポンサーリンク

小説 TOPに戻る