鏡の向こう側

(初出:不明 執筆日:2005年05月15日)

 鏡の向こう側には別世界があるのだと、小さい頃から聞かされていた。

 ユウキは左右が逆に映る鏡が、いつでも怖かった。
 鏡に映っている自分は、実は自分ではない違う人なのではないか。
 そんな風に怖れながら鏡と接していた。

 いつしか成長したユウキは、幼い頃ほど鏡を怖れなくなった。
 それでも時折ちらりと、不安に駆られることはある。
 鏡の中で目が合う自分。
 本当は違う人が自分を見ているだけではないのか。
 敢えて同じ顔をし、同じ表情をし、同じ動きをし、同じ顔色をしているのではないか。
 鏡の向こう側にいる人が、そうやって演じているだけではないのか。

 ユウキは思わず手鏡を払い落としていた。
 床に転がった手鏡を、おそるおそる拾い上げる。
 覗き込んだ鏡の中。
 そこには。

 知らない表情で笑う自分の姿があった。

「気づいちゃったんだね。ここが別世界であることを。知らない方が幸せだったのに」

 鏡の中の自分が、勝手にひとりで喋っていた。

「しょうがないね。あなたもこちらへおいで」

 鏡の中の自分が知らない表情で笑い、そして手を差し延べてきた。
 平らなはずの鏡の中から立体的な手が伸びてきた。
 手首をつかまれ、そのままユウキは鏡の中へと引きずり込まれた。

 部屋はしんと静まり返る。
 まるで何事もなかったかのように、静かに空気が流れていた。

END

スポンサーリンク

小説 TOPに戻る