(初出:note 執筆日:2016年09月07日)

眩しいほどに青い空に漂う真っ白い雲。

まるで綿菓子みたいな白い雲の上を僕は歩いた。

ふわふわしてるけど弾力があって、飛び跳ねるとぼよんぼよんする。

まるでトランポリンのようで楽しくて、時間があっという間に過ぎた。

雲をちぎって食べてみると、綿菓子のように甘かった。

美味くて食べ過ぎてしまい、ふと気づくと辺りは夜で、太陽がどこかへ消えてしまった。

代わりに空に浮かんでいるのは、美しい三日月。

三日月は雲と一緒に僕を照らして、圧倒的な存在感を示してきた。

僕は雲から三日月へと飛び移り、その窪みに腰掛けた。

まるで揺りかごのような心地よさで、いつの間にか眠ってしまった。

月は少しずつ太り始めて、だんだん丸々としてきて、窪みがなくなってしまったので、僕は押し出されるように弾き飛ばされた。

そんな僕を受け止めてくれたのは雲だった。

雲はただその場に漂っているだけだけど、僕の命の恩人だ。


スポンサーリンク